【天野功一@好きの恋愛心理学@番外編】★直接会うことで世界を変える。




【天野功一@好きの恋愛心理学@番外編】★直接会うことで世界を変える。

なぜ、リアル営業のプロというのが存在するのか?

なぜ、直接会うリアルなコンサルというのものが、今でも存在するのか?


例えば、

私は大事なヒトとは直接会うことにこだわる。 

直接会うことの重要性が、電子化が進めば進むほど重要になっていると常に感じているからだ。 

大事なヒトとは「どんなに遠くてもどんなに短時間しか時間を貰えなくても直接会いたい派。」

 

直接会えば、全てが良い方向に動き出し、全てが解決すると信じている。いろんなことが前向きに進むのはモチロン。揉め事、わだかまり、ボタンの掛け違え。それぞれ会えば解決出来ると信じているし、実際にいろんな場面に同席いただいたかたは、良い方向にまさに動き出すシュンカンの目撃者になって貰っている。 それが、できるから、私はリアル営業のプロとして、また、リアルなコンサルタントとして生きていけてる。

 直接会うというのは全ての感覚を総動員するイベントだ。こんなに素敵なイベントはない。直接会うことでお互いの世界が変わる。 私にとっては、「直接会うこと」は、もの凄く重要なテーマ。


そこで、私の得意な、いつもの一方的なお話しだけではなく、説得力をグーンと強化してくれるような科学的な考え方が欲しく、ネットで探してみた。 


 ありました。↓↓↓ 「実際に会う」ことの重要性:研究結果(WIRED VISION)より引用 



 

<私が好きな部分> 世界がドットコム・バブルに沸いていたころ、多くの人は、インターネットの台頭によって「地理的な場所」が重要な時代は終わると予想していた。しかし、その予想は外れたようだ。以下、この問題に関する、David Brooks氏による優れたコラムから引用しよう。 ハーバード大学の経済学者Edward Glaeser氏は新著『Triumph of the City』(都市の勝利)において、グローバルな情報ネットワークの時代であるにもかかわらず、実際の都市がより重要になってきていると主張している。なぜなら人間は、物理的に一緒にいるときに最もうまくコミュニケーションがとれるからだ。 (中略) 

ミシンガン大学の2人の研究者は、被験者のグループを集めて直接対面させ、互いの協力を要する難度の高い協力ゲームを行なわせた。次にまた新たな被験者グループを集め、今度は電子通信技術を介してコミュニケーションをとらせた。その結果、直接顔を合わせたグループは好成績を収めたのに対し、電子的にやり取りしたグループはまとまりに欠け、成績が振るわなかった。 

 

<私が好きな部分> 理由は何であれ、電子的なコミュニケーションは、現実世界の十分な代替にはなっていない(少なくとも今は)。重要な新しいアイディアというものは、画面に突然登場するというよりは、同じ空間を実際に共有する人々や、他愛もない会話から生まれているのだ。

[日本語版:ガリレオ-高橋朋子/合原弘子]  WIRED NEWS 原文(English) 


 「人間は、物理的に一緒にいるときに最もうまくコミュニケーションがとれる。」 


なるほど。

各国の首脳が外交の場で直接会うことが、重要なはずだ。 



     


私があなたと会うのも同じように重要です。 


あなたは、


天野功一とおつきあいすれば、必ず何かプラスになるという確信を持って、 ここをクリックします。   


トーオー!

ぽち! 

★・‥…━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━…‥・★ 

▼▼天野功一@お問い合わせはこちらまで▼

 https://maroon-ex.jp/fx58857/owMOA6

★・‥…━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━…‥・★ 

お会いしましょう。すぐにあなたの特別顧問として天野功一との連携がスタートします。


天野功一@感情営業の秘訣を伝えるコンサルタント。もう大丈夫です。

★人はどこからでもいつからでもヒーローになれる。ヒーローになれるのは若いヤツだけの特権ではない。私は人生を賭けてそれを証明する。★50歳を超えて起業した無茶なオヤジ。★大企業研修、企業・業界セミナー、個人顧問コンサル。東京都人気講師、てへ。☆あなたの会社の顧問&あなたの個人特別顧問。